スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚田を見に行こうツー、大山千枚田!

棚田を見に行こうツー、大山千枚田です(^^

いろいろ、調べてみると関東近辺には、棚田が結構ありますね~。
ま~、気が向いた時にチョロット行ってみましょうかくらいの軽めのお散歩ツーです。

本日は、千葉県鴨川市にある大山千枚田へ行ってきました(^^

P1130220.jpg

ルートは、海ほたるからです。
調べてる時は、時間がかかるかと思ってましたが、かなり近いです!
ものの1時間足らずでした(^^



細かいルートは、ルートラボをご覧ください(省略です笑

標高が高くなるにつれて山の天気は変わります(><
雨が降ったり、晴れたりの繰り返し(@@

目的地を目前にしてあまりの雨に雨宿りです。

P1130227.jpg

道端の木陰なので、雨宿りといゆか・・・、雨に降られてるし・・・。
洗車したばかりなのに・・・、テンション

でも、セラミックコーティングはバッチリ効いてる(^^
水玉です。これなら走ってるうちに落ちるかも(笑

P1130226.jpg

一番気になるのはこいつです!

P1130228.jpg

雨の中を走ると本当にギトギトになるんですね、でまた洗うのに一番気を使う・・・(><
毎回、キズが着かない様に気を使います。

雨は降ったりやんだりの繰り返し、頃会い見計らって行きますか。

P1130229.jpg

雨のクネクネ道、いつもより慎重に走行です。
途中、分岐点に大山寺というお寺があったので、ぶらりと立ち寄りました。
ソロだと、こんな感じがいいですね(笑
気の向くままって感じがね~♪

P1130231.jpg

P1130233.jpg

境内へ登る脇に、「不老長寿の泉」が!!

P1130238.jpg

これはやっぱり飲んで効果があるのでしょうか(笑
ん~、飲む勇気は・・・(笑

P1130239.jpg

手を洗わせて頂いていざ境内へ。

P1130235.jpg

手前の門には、雷神、風神でしょうか?
よく分かりませんが、2体の像がお出迎えです。

P1130241.jpg

P1130242.jpg

P1130240.jpg

ここから本堂まで
は、めっちゃ急な石段です。こんな急なのは見たことないですね(@@

P1130244.jpg

ぜいぜい言いながら、本堂へ到着です。

P1130247.jpg

写真では分かりにくいですが、眺めもいいです♪

P1130249.jpg

お寺の説明は、写真で省略させて頂きます。気になる方は写真クリックで
大きい画像になりますので、ご覧下さい(すいません手抜きです・・笑

P1130250.jpg

P1130251.jpg

ちょっと寄り道しましたが、大山千枚田に到着です。
大山寺からは、5分くらいです。

P1130262.jpg

P1130279.jpg

ちょうど稲刈りが終わったばかりです。

P1130265.jpg

この大山千枚田は東京から一番近い棚田だそうで、
標高90 - 150m、面積4ヘクタールの斜面、東西600mにわたって375枚の棚田が
連なっているそうです。
1999年(平成11年)に農林水産省の日本の棚田百選に認定され、
文化庁の文化的景観の保存・活用事業の対象地域にもなっています。
山岳地に位置することで耕地整理が遅れたために棚田が形成され、
日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田だそうです。
毎年秋には、「棚田の夜祭」と題し、3000本のたいまつがともされるとの事。

また、行ってみたい(^^

棚田、クリックで大きくなります。どぞ!

P1130281.jpg

P1130283.jpg

田植え前の水をはった夕方の棚田なんか最高でしょうね~♪

そして、ここにはなんとも愛くるしいかかし達が、一部紹介します(笑

P1130288.jpg

どこかの、有名なアニメのパクリです(爆

P1130276.jpg

陽気な田んぼガール、ばかうけ(爆

P1130271.jpg

これは、タイトルが分かりませんでした。

P1130274.jpg

ぱん田登場~♪

P1130277.jpg

戦国かかし!
ゆるいア~トです(笑
なんか、自然と笑顔が出るからいいですね(^^
個人的に大好きです、ハイ(笑

P1130275.jpg

大山千枚田、なかんか近場でいいとこでした(^^
ツーリングのコースにしてもよいですね、ここから鴨川に抜けるルートも
よさそうです。紅葉の季節なんかも綺麗そう、また行ってみたいと思います。

P1130264.jpg


本日のおまけ。

P1130272.jpg




本日も訪問有難うございます。よろしかったらポチッとお願いします(^^

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://kazu1300sb.blog25.fc2.com/tb.php/171-e0aa0304

Comment

sora | URL | 2011.09.20 12:19
棚田に着いた最初のバイクの写真、
ハンドルの上に、鳥かペンギンか?何のぬいぐるみを
付けてるんだろうと思ったら…
奥にある案山子でしたね。
是非、6月の棚田を!
kazu | URL | 2011.09.20 22:49
soraさん こんばんは。

そ~見えますね(爆
気にはなっていましたが、ちょっと坂道で、すこそジャリがあり
取り回しで転びそうだったので、これで撮ってしまいました(汗
でも、いずれかの案山子が映るんですよね(笑

やっぱり、田植え前の水をはった棚田が最高ですよね(^^
tomo | URL | 2011.09.21 13:40
棚田の写真、すばらしいですね。
こういう場所がずっと残ってほしいですよね。
群馬でもなかなか見れない景色ですww

棚田の夜祭りも気になりますね。
きっと情緒溢れる、すてきなお祭りなんだろうなと想像します(^^)

最後のかかし達に笑ってしまいましたwww
どこか不気味な雰囲気を出しつつもユーモアがありますねw
かっしー父 | URL | 2011.09.21 20:44 | Edit
kazuさん

こんばんは
大山千枚田良い所ですね。
TVでは良く紹介されていますが・・・
どの季節でも絵になりますよね。
今度ぜひ行きたいですし
オーナーになって、田植え、稲刈りもしたいです。

昔は実家で米作りもしていましたので
まだ、田仕事したいで~す。
kazu | URL | 2011.09.21 21:49
tomoさん こんばんは。

棚田、なかなかいいです(^^

また、それぞれの四季で見せる景色が違うんでしょうね(^^
ちょっと、棚田ツーはやみつきになりそうです(笑

かかしは、近代アートといいますか・・・(爆
思わず、自然に笑ってしまうところがなんとも言えません(笑
kazu | URL | 2011.09.21 21:55
かっしー父さん こんばんは。


> TVでは良く紹介されていますが・・・
そうなんですか、知らなかった!
知り合いから教えてもらって行ったんです(^^
HPで見るよりいいです、山の中に突然現れるんです!

棚田のオーナー制度もあるみたいですね(^^
田植え、稲刈りいいでうすね、そんな季節にまた行ってみたい所です(^^


> どの季節でも絵になりますよね。
> 今度ぜひ行きたいですし
> オーナーになって、田植え、稲刈りもしたいです。
>
> 昔は実家で米作りもしていましたので
> まだ、田仕事したいで~す。
CBR600Fひーちゃん | URL | 2011.09.23 03:39
こんばんは。
田んぼにパンダ・・・。
言葉のゴロはいいけど、絵としては不思議・・見慣れないですね。
雨もあがってよかったですね~。
滋賀にも棚田がきれいなとこありますよ。
棚田が見える、土日限定の古民家カフェがお気に入りです。近江牛のバーガーセットとともに~。

これから走りやすいシーズン突入ですね~。
雨も早く減ってくれるといいんですが・・・。
kazu | URL | 2011.09.23 23:28
ひーちゃん こんばんは。

そうですね(笑

ここには、近代アートのかかしがあり、芸術の理解のむずかしさを
改めて感じました(爆


> 滋賀にも棚田がきれいなとこありますよ。
> 棚田が見える、土日限定の古民家カフェがお気に入りです。近江牛のバーガーセットとともに~。

古民家ー、近江牛ー、いいですね~(^^
きれいな景色を見ながら、美味しいものを食べたいものです。

機会があれば、滋賀の棚田も行ってみたいです(^^
Comment Form
公開設定

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kazu

Author:kazu
CB1300SB(白きBIG-1)のツーリング、趣味、日頃の出来事のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。